2006年10月30日 (月)

神戸オフ会 開催 3

11月2日、PM7:00、阪急三宮駅 西口

いよいよ神戸オフ会、近づいてきました

引き続き、参加者募集中!

では、10/30現在の、参加予定者、中間発表します。

続きを読む "神戸オフ会 開催 3"

| | コメント (28)

2006年10月29日 (日)

懐メロカラオケ大会・・(笑)

いや~~、ははは、やっぱりおっさん多いから、古いヒーローものは盛り上がるな~~ 完全に年寄りのパターンやね・・(笑)

ということで、ちょいと YOUTUBE でカラオケできそうなの集めてきましたヨ。

若くて知らない人も、大昔いこんなのがあった、ていうことで勉強して下さい。

まぁ、勉強とは言わんな(笑)。

1.怪傑ハリマオ ・・・・ わし好きなんよね~、この歌。 三橋美智也さん。

 真っ赤な太陽 燃えている
 果てないなぎの 大空に
 轟きわたる 雄たけびは
 正しいものに 味方する
 ハリマオ ハリマオ
 僕らの ハリマオ

続きを読む "懐メロカラオケ大会・・(笑)"

| | コメント (51)

2006年10月22日 (日)

言葉にできない

「言葉にできない」は、もちろん小田 和正・オフコースの曲ですね。

で、最近ゼットンさんはこういうのを作ってるらしい・・

言葉にできない  (ゼットンさん、すまそ)

へぇ~、面白いね~。 ちょっと探してみた。  いっぱいあった・・・・(笑)

続きを読む "言葉にできない"

| | コメント (17)

2006年10月 9日 (月)

小さな恋のメロディ

Index_topimage_1

笑わないで下さいよ(笑)、むか~し昔、まだわしが中学生の頃、好きな女の子がいてね、友人にその事を言ったりしてたんですが、いつの間にかそれがその女の子に伝わっちゃってた・・・。

くそ~、勝手にしゃべってまいよってぇ。。。とか色々あったんですが、ある日その女の子が映画見に行こうと誘ってきたんですよね・・・(うわ~~~!)

もう、なんと~申しましょうか~(笑)天にも昇る気持ちで・・。当然即OKサイン。

Tracy2_25

ところがわしって、それまで一人で映画館なんて行ったことないし、ましてや洋画なんて映画館で見たことなかったし、それからそれから田舎もんでこんなロードショーやるような有名な大都会になんか、電車乗って行ったことない~~~。

堺東の映画館なら、ゴジラやガメラ見に行ったような気がするんやけどなぁ・・。

めちゃくちゃ焦るわし・・・・。どうしよ~~~。だいたい上映映画館の場所も知らんし~~。

わしってば、小学校上がって、中学校に入ってからクラブばっかり毎日やってたからなぁ、めちゃくちゃウブなんよねぇ、世間を知らんのよねぇ・・・とか言い訳をいっぱい考える・・。

しかし、その都会から転校してきた、すんごくカワイイ子は、もちろん都会のこと(梅田なんやけどね)よく知ってて・・。 ぜ~んぶリードしてもらいました・・道順も。

ああ、恥ずかし、とか思う間もなく、目的の映画館に到着。

そしてその初めて女の子とデートして、初めてみたロードショー洋画。

それがこの「小さな恋のメロディ」でした。 まるっきりリードされっぱなし(笑)

続きを読む "小さな恋のメロディ"

| | コメント (18)

2006年9月27日 (水)

GET IT ON

ノッて行こうぜ~~! 全勝じゃあ(笑)

ということで、T-REX じゃあ(笑)

GET IT ON

おおお? エ、・・エルトンさん?・・(笑)

続きを読む "GET IT ON"

| | コメント (10)

2006年9月17日 (日)

ザ・タイガース

タイガースファンのわしなら、このグループを取り上げないわけにはいかんでしょうね。 その名も ザ・タイガース 。  いいねぇ、名前が(笑)

Tigers0ナンバ一番出演中

ファニーズのメンバー

森本・加橋・沢田

昔々、その昔、イギリスでビートルズ、ローリングストーンズ、アメリカでベンチャーズが流行っていた頃、日本にもその波が押し寄せた。

目ざといプロモーターがこれに目をつけないわけがない。 早速日本でも若者ミュージックグループの発掘にとりかかった。

その頃大阪ミナミのナンバ一番っていうジャズ喫茶に出演していたグループ、それがザ・タイガースの前身、ファニーズだった。

ジャジャ~ン・・(笑)

続きを読む "ザ・タイガース"

| | コメント (5)

2006年9月10日 (日)

スティーブ・ヴァイ

YOU TUBE 散策してたら、突然こんなのにたどり着きました。

すんごいギターテクニック。 あんまり音がキレイなんで、「エアギター?」とか思ってしまった。 この人素人さんなんかなぁ? 上手過ぎる。

Tender Surrender っていう曲なんだけど、オリジナルはスティーブ・ヴァイっていうギターテクニシャンやった。 ちょっと調べました。

スティーブ・ヴァイ Steve Vai

続きを読む "スティーブ・ヴァイ"

| | コメント (30)

2006年9月 7日 (木)

ディック・デイル

「TAXI・TAXI2・TAXI3」Taxi2_1

ご存知リュック・ベッソン監督のフランス映画、パリの街中を改造タクシーで走り回り、事件を解決していくという、ストーリーはどーでもいいが、クルマの走りを見せたいという映画。 ま、なかなか面白いんですが、この映画の中に頻繁に登場する音楽。

ディック・デイルというアメリカのギタリストのミザルー「Misirlou」という曲なんです。 曲自体は60年代初期に発表された曲で、いわゆるベンチャーズなどで日本でも流行した、テケテケサウンド(笑)インストサーフミュージックだったんですよ。

続きを読む "ディック・デイル"

| | コメント (9)

2006年8月10日 (木)

ジス イズ アメリカン2

今日は アメリカ のロックですよ。

Grand Funk Railroad グランド・ファンク・レイルロード

この頃のアメリカの人、み~んなロン毛。(笑)

「Heartbreaker」この曲、日本で発売された時のシングルには、孤独の叫び っていうタイトルがついていました。 長いシングル盤ということで、有名やったかな?

しかしボーカルのマーク・ファーナー、いっつも上半身はだかなんよねぇ、インディアンを意識してたっぽいね。

当時レッド・ツェッペリンやディープ・パープルに対抗できるバンドとして、アメリカで大々的に売り出されたんですけど、傾向がだんだんポップに変わっていっちゃいました。

「THE LOCOMOTION 」 「ロコモーション」

対して、南部サウンドを前面に押し出していたのが、

The Allman Brothers Band オールマンブラザーズバンド

「Jessica」「ジェシカ」 この曲が一番有名かな。

ブラックぽいカントリーで出たバンドもあった。 

The Doobie Brothers ドゥービー・ブラザーズ

このバンドはすごいよ~、トリプルリードにツインドラム!!しかもツインバスドラ!!

なんかDOHCツインカム16バルブみたいなバンドやったねぇ。

カントリーっぽい曲が良かった。 特にボーカルのトム・ジョンストンが良かった。

けどそれがマイケル・マクドナルドに代わっちゃってからは・・・・。

なのでトム・ジョンストン時代からチョイス。

「Long Train Running」

あはは、画像の方が・・・・黄連じゃなかった、箱庭さんが喜びそうな絵でしたね。

「Listen to the music」

いや~、トム・ジョンストン、渋い。

ところで、イギリスのモンキーズっていうTV番組に対抗してかどうか、オズモンド・ブラザーズっていうグループのTV番組があった。 後にオズモンズと改名したバンドですが、日本でも有名になった曲として、こういうのがあった。

The Osmonds オズモンズ

「Crazy Horses 」 馬のいななきから始まりますヨ。

最後に、アメリカのロックバンドで忘れてはいけないスーパーバンドが、このグループ。

アメリカの象徴 The Eagles イーグルス

好きですねぇ~、イーグルス。 レコードぜんぶ持ってますわぁ。 物置の重しやけど(笑)

90年代に再結成?でライブ録音した時のホテルカリフォルニアもいいんですけど、YOU TUBEにもその動画がありましたけど、今回は昔のそのまた初期の頃。 ウエストコースト色の非常に濃い、いかにもアメリカ開拓民って感じの曲からチョイス。

「Dollin' Dalton」 「ドゥーリン・ドルトン」

「ならずもの」なんていう曲もあったぐらいで、ジャケットはカウボーイスタイルやし、こいつらアメリカやなぁ、と思った出会いでした。

「Desperado」 「デスペラード」

ワルツ調の曲もあるんですよ。

「Take It To The Limit」 「テイク・イット・トゥ・ザ・リミット」

いや~、良かったですねぇ~。

| | コメント (26)

2006年8月 9日 (水)

ジス イズ アメリカン

う~ん、なんか最近怒涛の音楽攻勢ですなぁ・・(笑)

いろいろ触発されて、アメリカンミュージックの特集をしてみましょう。

で、例によってYOU TUBEで探し物していたら、面白いの見付けた(笑)

PPM ピーター・ポール・アンド・マリー

なんか可笑しかったよね、英語解らんけど・・(笑)

ではまじめに、「Blowin' in the wind」を紹介しましょう。

PPMのこの曲との最初の出会いは、「岸辺のアルバム」というテレビドラマでした。

八千草薫、杉浦直樹、中田喜子、国広富之、竹脇無我、風吹ジュン、などの

豪華な顔ぶれ、と言っても国広富之はこれがデビュー作やったと思う。

--------------------------------------------------------------

1974年の多摩川水害が背景にある。この水害で多摩川の堤防が決壊し、19棟の家屋が崩壊、流出したが、被災者にとって家を失った事の他に、家族のアルバムを失った事が大変ショックであったと言う話を原作者が聞き、そこからドラマの構想が生まれた。

ドラマでは倦怠期を迎えた夫婦の危機と子供たちが大人になる過程での苦悩、家族が崩壊してゆく様が描かれ、最後に水害により家が崩壊する(実際の水害で家が流されるシーンが織り込まれた)。

このドラマで、主演の八千草は家族に隠れて竹脇と不倫する主婦を演じそれ迄の良妻賢母的なイメージを打ち破り新たな役どころを開拓。テレビ大賞主演女優賞を受賞。

又、この作品でデビューした国広はゴールデンアロー新人賞等を受賞。

当時の平均視聴率は14.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とそれほどでもなかったが、その後評価が高まり知名度は高い。全15話。

---------------------------------------------------------------------

とWikipediaにも書いてあるくらい、伝説のドラマでした。

そのドラマの全編あらゆるところで、PPMがかかる、まるでふぞろいの林檎たちにおけるサザンのように。 中でもテーマソングにも使われ、特に印象の深いのがこのボブディランの名曲「風に吹かれて」でした。 RCサクセションの忌野清志郎も歌ってました。

本家ボブディランのも聞いてもらいましょう。

これは相当若い時のですよ。 反戦フォークソングの走りです。

次のアメリカンな曲はこちら

Creedence Clearwater Revival クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル

「雨を見たかい」 「HAVE YOU EVER SEEN THE RAIN」

ね、アメリカンでしょ。 公式でも何回かダジャレで使わせていただきました(笑)

ジャンジャン行ってみよう。

Chicago シカゴ

「SATURDAY IN THE PARK」

高校の時、シカゴが好きなツレがおったなぁ。 今は東京にいてますが。

次。

Carly Simon カーリー・サイモン

「you're so vain」 ヨーソオベェーンっていうヤツです(笑)

最初のベースの入りが特徴的で、印象深い曲ですね。

次。

Albert Hammond アルバート・ハモンド

「カリフォルニアの青い空」 「It Never Rains In Southern California」

高校のとき流行ったなぁ・・・。 これも出だしのピアノの入りが印象的。

いっぱい見付けたんやけど、あと1曲にしといて明日またUPしますね。

最後はこれ、桑田くんの好きなチャーリーさん。

Ray Charles レイ・チャールズ

「Georgia On My Mind」

| | コメント (4)