2007年1月24日 (水)

14歳 浅田梨紗 26年ぶりの中学生日本一

14歳 浅田梨紗 26年ぶりの中学生日本一(日本選手権 女子高飛び込み)
1de4272d528e8a1ce8693863f84a707eo ドーハ・アジア大会などの選考会を兼ねた飛び込みの日本選手権第2日は5日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子高飛び込みは昨年の世界選手権で6位となった兵庫・清和台中3年の浅田梨紗(JSS宝塚)が333・05点で初優勝、この種目で26年ぶりの中学生日本一となった。
 14歳の浅田は3連覇を狙った中川真依(金沢学院大)を小差で抑え、1980年に兵庫・松蔭中3年で制した馬淵よしの以来の快挙を成し遂げた。日本選手権での中学生優勝は98年の3メートル板飛び込みを制した山下美沙子(当時石川・寺井中)以来。
 男子3メートル板飛び込みは寺内健(JSS宝塚)が475・50点で4年連続9度目の優勝を果たし、前日の1メートル板飛び込みと合わせた2冠に輝いた。
 日本水連は日本選手権終了後にアジア大会代表を最大で8人選ぶ方針。
2006.08.05

続きを読む "14歳 浅田梨紗 26年ぶりの中学生日本一"

| | コメント (7)

2007年1月23日 (火)

WBA世界スーパーフライ級王者 名城信男

名城信男なしろ のぶお、1981年10月12日 )は奈良県奈良市出身のプロボクサーでWBA世界スーパーフライ級王者。奈良県立奈良工業高等学校出身。六島ボクシングジム所属。
Photo_2  オフィシャルサイト http://www.n746.net/index.html
小学生時代に、沖縄県本部町出身の父・建伸さんに連れられて、同じ沖縄県出身のIBFバンタム級王者新垣諭の試合を観戦し、ボクサーにあこがれる。その後は、WBCバンタム級王者の辰吉丈一郎に熱中した。 ボクシングに必要な基礎体力をつけるため、奈良市立春日中学では陸上部に入部。奈良県立奈良工業高等学校に入学して念願のボクシングを始め、ロサンゼルス五輪代表の高見公明に師事する。 近畿大に進んだが、在学中にプロデビューを決意。
戦績(デビュー~5戦目で世界ランク入り)
2003年7月11日、大阪府立体育館第二競技場にて行われた稲沢俊之vsアーニー・アレスナ戦興行の前座4回戦に登場。2000年の中日本(=東海・北陸地区)新人王・一ノ宮茂樹を相手に1回0分32秒でKO勝ちし、デビュー戦を飾る。赤コーナーがデビュー戦の名城、青コーナーがこの時点で11戦目の一ノ宮という組み合わせに、会場に訪れたファンの大半が首を捻っていたが、試合開始早々に爆発した名城の強打はその疑問を完全に払拭するものだった。一般マスコミでもボクシング専門誌上でも全く話題にならなかったこの初回KO劇だったが、関西のボクシングをつぶさに鑑賞しているファンの間では「この選手は必ず出てくる」「貴重なパンチャー系のホープ登場」「ちょっと他の奴とはモノが違う」と、早くもその将来性を認める声が上がっていた。但し、世界王座奪取後の「ボクシング・マガジン」誌の特集記事において、「この時はまだ誰にも世界への予感などなかった」という旨の記述も見られる。

続きを読む "WBA世界スーパーフライ級王者 名城信男"

| | コメント (0)

まむしの杉原69歳 いまなお現役!

約50年に渡って現役を続行してきた存在感の大きさから、“日本プロゴルフ界のドン”と呼ばれている杉原輝雄プロも、この6月で70歳となる。
しかし自ら達成した世界最年長予選通過の記録更新と、レギュラーツアーでのエージシュートを目指し、いまなお飛距離アップへ向け今期もすでに肉体改造に着手して開幕に備えている。  ( ※エージシュート : 年齢以下のスコアで回る事 )

Sg1_1  「予選通過やエージシュートができればいい。目標を持って、今まで以上に加圧トレーニングを増やしている」 「ドライバーの飛距離さえ出れば、エージシュートだってできる」

最近2年間の平均飛距離は222ヤード。 延長されていくコースに対処しようと体をいじめている。 96年から導入している加圧トレーニングのメニューに、昨年末から毎日100回×3セットの腹筋と35回×2セットの側筋を欠かさない。 さらに週2、3回のスクワットや重いクラブを振り、飛距離アップのための肉体改造に取り組んでいる。

98年に前立腺がんと診断され、月に1度のホルモン注射を受けながらのプレー。 同世代でプロスポーツ界の第1線に身を置く者はいないが、今季レギュラーツアー7試合出場を計画し、ガンと戦う鉄人ゴルファー。

「魅せるよりも一生懸命にプレーする姿を(ギャラリーに)見せればいいんだ」

今の若い者には任せておけない…。口にはしないが人気低迷の男子ゴルフにカツを入れようとしているのは間違いない。 70歳アスリートがまい進する。

続きを読む "まむしの杉原69歳 いまなお現役!"

| | コメント (0)

2006年7月18日 (火)

くるま遍歴 その11

久しぶりに再開しましょか、つづきは大阪編からでしたねぇ。

大阪へ帰って来たわしは、すでに2児の父になってました。

新しい勤め先もなんとか決まり、職場で新たな知り合いができました。

女性だったんですが、通勤に200ccのバイクを使ってるような、ボーイッシュな方でしたねぇ。

まずその女性と仲良くなって、ダンナさんとも友達になったんですが、この人がまたバイク好きの人で、トライアル車に乗ってたんですよね。

で、遊んでるうちにわしも面白くなっちゃって、同じトライアルバイクを買ってしまったのでした。

ホンダTLR200

http://www.honda.co.jp/news/1983/2830412.html

Tlr_2000_1

もちろん中古で、そのダンナさんに京都のバイク屋さんまで一緒に行ってもらったんですよ。 ま、もうすっかり友達で・・(笑) 欲しい、安いのがソコにあると言う事で。

でも10万しましたけど・・・・あとでウチのヨメさんに怒られたのは言うまでもない。

一緒に写ってるのはムスメですな。

で、そのダンナさんやら他のバイク仲間やらで信太山の自衛隊演習場近所の山でいそいそと・・・・(笑)

こんな事や あんな事を いろいろと。。。。

Tlr_2002 Tlr_2001

楽しかったですねぇ。

そこで、トライアルって知ってる?

まずはトッププロ超ワザを見てビックリしてちょうだい。

日本のトッププロ超ワザ

インドアトライアル世界選手権

おっちゃんのトライアル

このぐらいなら、わしでも簡単。(笑)

ホンダはトライアル車のTVCMもやってましたねぇ。

いやはや、このトライアルっていうモータースポーツ、けっこう体力的にキツイんですよ。

今はとってもできまへんわ、丼さん見習ってちょっとジムでも行こうかな?

| | コメント (38)

2006年4月22日 (土)

くるま遍歴 その5

大学も無事ストレートで卒業し、オイルショックの残る中、なんとか就職口にありついて働きまくったわしは、よしここらで自分にご褒美を・・・・。

でもないけど、こんなクルマを買っちゃいました。

マツダ サバンナ RX-7 GT (サンルーフ仕様) 後期タイプ

Rx7sそれまでのサバンナからのフルモデルチェンジ。
1978年3月から発売  エンジン : 12A型(573cc×2ローター) 最高出力 : 130ps / 7000rpm(グロス) 最大トルク : 16.5kg-m / 4000rpm(グロス) 空気抵抗の少ない「くさび型」をした流麗なスタイル。フロントミッドにエンジンを搭載。前・後輪にかかる重量配分50.7:49.3。空気抵抗を極力少なくするため、リトラクタブルヘッドランプ採用。
Rx7s3 <主要諸元表>(GT)  全長(mm) 4285  全幅(mm) 1675  全高(mm) 1260  ホイールベース(mm) 2420  トレッド<前・後>(mm) 1420・1400  最小回転半径(m) 4.8  変速機 マニュアル5段/AT3段 サスペンション(前) ストラット式コイルスプリング  サスペンション

Rx7s2_1(後) ワットリンク付4リンク式  主ブレーキ (前)  ベンチレーティッドディスク  主ブレーキ  (後) フィン付きドラム(L&T式)

1982年マイナーチェンジ(後期タイプ)  ロータリーエンジンRE6PI(6ポートインジェクション)の搭載をはじめとして、動力性能や操安性の向上、数々の新装備を採用し、スポーティカーとしての性能を向上させた。 RE6PIの採用により、全運転範囲で、よりパワフルな機動性を確保。 最終減速比を3.727から3.909に変更し、走行性能の向上を図った。 

-------------------------------------------------

今回あたりから、昔のクルマが写った写真が残っていたので、実写真ですよ。

これは、四国高松におムコさんに行った?友人の家へロングドライブの時の写真。

高松から徳島の鳴門へサーフィンしに行きました。

スーパーカーブームがあり、リトラクタブルヘッドライトにあこがれもちょっとあったかな。

ついでにサンルーフもって調子こいてオプション追加。 サンルーフから顔を出してるのが彼女?

Surfings おまけ写真  このとき鳴門のうねりを期待したんですが、あまり波もなく、海辺で日向ぼっこに行ったような感じ。  今こうやって見ると、細いなぁ。 ちなみに左の背の高い方です。

| | コメント (0)