« 井川30億、NYヤンキース落札! | トップページ | 47newsスタート »

2006年12月11日 (月)

走り幅跳び、池田が日本に36年ぶりの金

ドーハ・アジア大会、女子走り幅跳びは池田久美子(スズキ)が自らの日本記録にあと5センチと迫る6メートル81で快勝し、この種目では日本に36年ぶりの金メダルをもたらした。 2006年12月11日朝日新聞
Kumikoikeda1_2Kumikoikeda2_2

女子走り幅跳び
で金メダルの
池田久美子
=AP
.
.
.

.

Kumikoikeda_1
かつて天才少女と呼ばれ、父も祖父もという陸上一家に育つ。小学生から父のコーチで陸上を始め、全日本中学選手権で3連覇、高校生では五輪出場も期待された。 しかし日大山形に入学し、下宿生活の影響か体重が51キロから64キロに大幅増(最初のスランプ)。
高校2年時、父の仙台育英高コーチ招へいを機に転校。体重は2年で5キロ落としたものの、高校時代はとうとう自らの中学記録を上回ることはなかった。
コーチだった父の信条から、踏み切りの技術よりも助走のスピードを上げる事に力を入れる。短距離指導で名高い川本監督の福島大学に入学、走法を極めることにした。
大学2年時、体重も落ち助走が速すぎて空中フォームに無理が出るほどまでになる。 前方に向けて踏み切るそれまでの跳び方から、空中に体を投げだし大きな弧を描く「シザース」に切り替える。 その結果ついに日本記録にあと4センチと迫る6メートル78の自己ベストを記録する。

ところがその記録が逆に練習方法を狂わせてしまい、踏み切りフォームを考え過ぎてしまう。フォームをいじればいじるほどわけが分からなくなり、自分を見失ったまま4年が過ぎてしまう(2度目のスランプ)。
川本監督のアシスタントとして小中学生の陸上講習会に行き、子どもたちのクセや特徴を見極めて教えている時にヒントが浮かび、発想を転換、失速率のことは考えずに助走を速くするという初期の発想に帰る。 そして体の軸がブレない体感を会得した。
また、父が05年2月に他界した事も逆に独立心を促進し、モチベーションを高め練習に没頭できた要因のようだ。 6メートル86の日本記録を樹立した5月6日、その跳躍を決めた瞬間2年前に父が観戦していたスタンドを振り返り心の中でつぶやいた。「お父さんやったよ」。
日本人女子には不可能といわれている7メートルだが「いまはもう夢ではなくて目標だと思える。父のために7メートルを跳ぶのが私の使命」と言う。 (毎日新聞より、要約)

池田久美子さん、よく頑張りました。
金メダル獲得、おめでとう。

しかし・・・小さい時からスポーツの世界で、何かの競技一筋に打ち込むって、親も家庭も含めて大変な事やと思いますね~。 ここでこんな簡単に書いても、なんの説得力もないんやけど、一口に苦労なんて言葉じゃ済まないというのはよく判ります。
プロ野球の選手にしたってそうなんやけど、ものすごい数の競技者人口があって、こうやって頂点に立てる人というのはごくごく少数。 本当にピラミッドの頂上なんやもんなぁ~。
宝くじなんかと比べるのは失礼なんやけど、1等賞当たるよりも確立は低いんでしょうねぇ。 けど宝くじの場合は努力なんてものの入る余地は無いけど、こういうスポーツの世界では努力、まずこれが無いとスタート位置にも立てないんやと思います。

いや、素晴らしいです。

|

« 井川30億、NYヤンキース落札! | トップページ | 47newsスタート »

コメント

才能があってもそれを見出してくれる人に出会えなければどうにもならない
才能がありよい指導者にめぐり合えても努力を怠れば成功は難しい
トップに立つ人ってこのどれもが備わっているとしたらスゴイなあ

子どもの英才教育に関して言えば本人の努力と親の努力
それプラス経済力も必要となる、たいへんなことですね

池田久美子さん、お父さんが生きておられたらどんなに喜ばれたでしょうか
日の丸をまといウィニングランする娘の姿、見てもらいたかったですね

しかし有馬さん宝くじと比べるかあ~(笑)
でもそれに関しても努力してる人いるみたいですよ
吉方に買いに行くとか、よく当たりの出る売り場までわざわざ行くとか
ま、これが努力と言えるのかどうか疑問ですけど

投稿: ヒラリー | 2006年12月15日 (金) 14時26分

阪神ファンの間では、下さんの愛犬ラガーをお姫様だっこしたことで知られ、今年8月に亡くなった女子砲丸投げ五輪代表・森千夏さんに捧げる金メダルだと報じられていますね。
森さんもさぞや喜んでおられることでしょう。
http://www.nikkansports.com/sports/p-sp-tp0-20061211-128830.html

投稿: ほりえゼッターランドもん | 2006年12月16日 (土) 07時31分

ヒラリーさん コメントどうも

そうですねぇ、才能、努力・・なんですが、それの上に「ものすごい」なんて言葉が
くっつきそうですよ。 「ものすごい才能」、「ものすごい努力」。
そしてさらにそれだけではまだ足らず、「ものすごい運」などもぜったい必要かと
思うんですよね、わし。
そしてヒラリーさんも感じてるように、経済力もある程度は必要でしょうね。
けどこれは前途のものに比べたら、一番なんとかなる部分かな?と思います。

現在スポーツ界で有名な選手の親御さん方で、そんなに経済的に恵まれてた方って、
数は少ないです。 普通程度の収入の方か、少々貧乏な方がけっこう多いです。
そこは情熱でなんとかなるんでしょうね・・(笑)

そそ、わしなんか下世話やから確率の話にでもなると、必ず宝くじが登場します(笑)
競馬とか賭け事やらんしね、これぐらいしか・・(笑)

ええ!? 宝くじも努力でなんとかなる? ・・・そんなアホな・・(笑)

投稿: ありゃま | 2006年12月16日 (土) 13時38分

ほりえゼッターランドもん さん コメントどうも

あ!・・・そうなんですか! そうかぁ、あの森さんの同僚やったんですねぇ。
へぇ~、どこかでやっぱり阪神と繋がってるもんなんですね~~。知らんかった。
じゃぁ、下柳も喜んでるでしょうね。

しかしこういうスポーツの世界でも、結果として明と暗にくっきり分かれてしまう。
少々センチメンタルになったりしますよねぇ。

貴重な情報、どうもありがとうございました。

投稿: ありゃま | 2006年12月16日 (土) 13時47分

 池田さんいい笑顔ですね。

何度も苦しい時を乗り越えての優勝ですし感激もひとしおですね
コーチもされていたお父さんも天国で見てくれてる事と思います

池田さんといえば「花岡 麻帆選手」でしょうね・・・

日本選手権での戦いは今も目に焼きついています

素晴らしいライバルにも恵まれさらに切磋琢磨して栄光を勝ち取るスポーツの、素晴らしさを教えてくれた二人です

本人の努力は勿論、指導者や周りの人々の協力と理解が実を結んだ 価値有る金メダルでしたね

ありゃまさま 良い記事を添えてくれてありがとうございます

投稿: 虎里 | 2006年12月19日 (火) 21時30分

to 虎里さん

どうもこんばんわ。 虎里さんは陸上競技、好きなんですねぇ。
池田と聞いて花岡が出てくるなんて、よく見てはりますね~。

うちの長男が中学の時、陸上部やったんですよ。まぁその関係という事でもないですけど、わしも陸上競技は好きですね。

特に高飛びや幅跳びって、野球のような球技と違って、直接相手と対戦するわけじゃない、本当に記録との戦いなんですよね。

球技にはよくある審判のミスジャッジとか贔屓とかも、入る余地が無いですし、白黒はっきりしていて気持ちのいいスポーツです。

まぁゲーム性がない、単調ということで、面白くないっていう人もいますけど、いざ競技が始まるって時のなんとも言えない緊張感とかが伝わってきて、わしの場合はTVで見てても飽きないですね。

だからオリンピックとかの大きな大会は、本当に好きでよく見てます。

逆にマラソンとか駅伝系の競技は、ちょっと時間が間延びしすぎるかな?とも思いますけどね(笑)

投稿: ありゃま | 2006年12月20日 (水) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 井川30億、NYヤンキース落札! | トップページ | 47newsスタート »