« 井川、メジャーでもタテジマ? | トップページ | 井川30億、NYヤンキース落札! »

2006年11月21日 (火)

リー・エバンス

直訳サイトで訳すと・・・こんな変な文章ですが・・(笑) つまりボードビリアンであると・・
コメディー役者で、けっこう有名な映画にも出演しています。

Lee_evans Lee EvansShowbizはLee Evansの血にある。 イギリスクラブおよび海岸の町を旅行する間彼のお父さんデーブによって育てられるリーおよび彼の兄弟。美術学校に通った後、リーはスタンドアップ式回路に彼の父の足音で続いた。 働くmenクラブの4年、および代わりとなる回路の5つ後で… リーEvansは1988年のエジンバラの喜劇の祝祭で巨大な衝突になった。それ以来リーEvansにヒステリーの発作でスタンドアップ式および生きているテレビの出現国家があった。 喜劇の彼の非常に物理的なブランド、および傾向のために有名敗者を演じる彼は頻繁にノルマンの知恵と比較されたあることが。 彼の行為の厳重な点検は彼が最もよくする何を公正であることを示す。 Evansは映画館で記録された主要な衝突を持つ稀なイギリスのコメディアンの1才である。 ユーモアのセンスの彼の映画デビューを作って、彼はそれから総体に於いての彼の役割の国際的な名声をそこにである3月およびどたばた喜劇のマウスの追跡についての何か見つけた。彼はシリーズ、Lee Evansとこれをフォローした: 今そう何か。

出演映画

■1997 マウスハント ・・・けっこう面白かった、さすがスピルバーグの会社。

父親の死で朽ち果てた古屋敷を相続したErnie(Nathan Lane)とLars(Lee Evans)のSmuntz兄弟。一文の値打ちもないように見えるこの屋敷、実は貴重建築物で数百万ドルの価値があるという。売れば一角千金と小躍りする兄弟。意気揚々と屋敷に入るが、なんとそこは小さなネズミに占領されていた。これを追い出さなければ屋敷を売ることができない2人は、さっそくネズミ駆除を開始するが、頭の良いネズミの抵抗に大の大人たちはてんてこまい…。
 Steven SpielbergのDreamWorks社による制作。60匹のネズミの実写と、Rhythm & Hues Studios社による特撮の統合で、絶妙なネズミの動きが表現されている。撮影に使われたネズミたちのあまりの可愛さに、終了後60匹はスタッフにペットとしてもらわれていったという逸話もある。監督にはNikeやBudweiserのユニークなテレビCMで、Clio AwardsやCannes Silver Lion Awardを受賞しているGore Verbinski。「The Birdcage(バードケージ)」のNathan Laneがコミカルに主演している。
 オフィシャルサイトは、ネズミを追って抜け穴を進む「Virtual Maze」ゲームや、出演者から電子ポストカードが送られてくる「Mouse Mail」への登録などで楽しめる。


■1997 フィフスエレメント ・・・これは有名ですねぇ。
監督リュック・ベッソン 主演ブルース・ウィリス、ミラ・ジョボビッチ

■1998 メリーに首ったけ ・・・これねぇ、けっさくでしたよ(笑)
主演キャメロン・ディアス

■2002 STOMPの愛しの掃除機 ・・・これ観てないんですよね、今度借りよっと。


■2003 メダリオン ・・・これはいつものジャッキーの映画でした。

主演ジャッキー・チェン

Jackie_chan2Something1_163m_1


ジャッキーと共演 ・・・ 右端のは若いとき、けっこう男前やったんやぁ

ではではお待ちかねの、映像ですよ・・・(笑) LEE EVANS TRIO



  面白いでしょ?

|

« 井川、メジャーでもタテジマ? | トップページ | 井川30億、NYヤンキース落札! »

コメント

メッチャ、オモロイです。

リー・エバンスの出た映画は、フィフス・エレメントしか見てません。
あの頼りなさそな、警備隊長をしていた人でしたっけ(^^;

顔の表情や、口の動かし方、ベースを弾いてるシーンも、すごかったですが、やっぱり最後のズボンのチャックを下ろして、鍵盤を叩くシーンは、最高です(^^

投稿: 新猛虎道 | 2006年11月23日 (木) 00時47分

直訳サイトで訳した文章、けっさくですね
頭の中が???だらけになりました

エバンスがおもしろいで、見るためは一生懸命でした

映像をみた感想は直訳サイト風にいえばこんなんかなw

(名前はお試し期間ということで・・・)


投稿: ヒラリー | 2006年11月23日 (木) 15時24分

トム・エバンスなあ。西武行ってちょこっと活躍
しましたね~。

って違うがな(笑)

今流行りのエアギターも顔負けですわ。
真のボードビリアンですよね。

昔、故岡田真澄さんと所帯を持ってられたパントマイム
のヨネヤマママコさんって、ありゃまさんはご存知
ですよね?ふと思い出しました。


投稿: 吉本多香美の伯父 | 2006年11月23日 (木) 22時14分

to 新猛虎道さん
そうですねぇ、たぶんその人やと思います。
宇宙船の中で悪者宇宙人と戦うシーンに登場した、宇宙船の警備隊主任
みたいな感じの人・・・でしょうねぇ。

あはは、やっぱり一番最後の演技を見逃しませんでしたね(笑)
ああいうシモネタをさりげなくイヤラシく無く入れるトコは、さすがですわ(笑)

to ヒラリーさん
どうも初めまして・・・とちゃうんかぃ・・(笑)
けっさくでしょ(笑)、今の技術ではあんなもんなんでしょうかねぇ。
Google検索で、URLを開く時に自動翻訳で開く、みたいなところをクリック
すると、こうなりました。 まだアホですね、エキサイトで翻訳しても似たようなもんです。
しかし・・・訳してもらってて文句言うのもなんですねぇ(笑)
ほな自分で訳せて言われそうですわぁ。

お名前、認証されました。 ヒラリー・クリキントンさんでしたよね(笑)

to 吉本多香美の伯父さん
どうも初めまして、コメントありがとうございます。
そうですそうです、トム・エバ・・・違いまんがな・・(笑)
あ、自分でツっ込んではりましたね。

ああ、ヨネヤマママコ・・聞いた事あります。 パントマイムってしかし地味やけど難しい演技でしょうねぇ、やった事ないから判りませんが。
あのじっとしててぜんぜん動かない演技ってのがありますが、あれもしんどいと思いますよ。

投稿: ありゃま | 2006年11月25日 (土) 02時46分

パントマイム
日本ではなかなか理解されにくい空間芸術
身体で描く詩の世界 ポエティックミーム
ヨネヤマママコ
日本のパントマイムアーティストの第一人者
彼女に継ぐアーティストは未だ現れていない
彼女は70歳を過ぎて再出発する
2007.11.30. 立川市女性センター1F/アイムホール
午後7時開演「月と波のポルカ」

投稿: carnival | 2007年11月 5日 (月) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 井川、メジャーでもタテジマ? | トップページ | 井川30億、NYヤンキース落札! »