« アンヌ~~ | トップページ | 新庄を語るシリーズ2 »

2006年10月27日 (金)

新庄を語るシリーズ

オリックス清原「めっちゃ好きやねん」

shi-060801-1.jpg今年のオープン戦で、試合前に談笑する清原と新庄=06年3月12日

 日本ハム新庄剛志外野手(34=SHINJO)。今年4月に今季限りでの現役引退を電撃表明した。阪神で一気にスター選手へ上り詰め、メジャーリーガーになり03年オフに日本ハム入り。本拠地移転元年から球団を盛り上げて3年目の今季、日米プロ17年目でユニホームを脱ぐ決断をした。プレーだけでなく、破天荒なパフォーマンスでも日本球界の台風の目になったトッププレーヤー。素顔を知る人たちから去りゆく新庄へ「新庄を語る」で毎週、思い思いにメッセージを寄せてもらう。第1回はオリックス清原和博内野手(38)。

 -新庄が今季限りで現役引退を宣言した

 清原「何も聞いてへんかったし、ホンマにびっくりしたわ。それも東京ドームのオリックス戦でやで。4月のそんな時期に辞める言うても誰が信じれるかいな。でもこの時期になっても撤回せえへんし、ホンマに辞める覚悟なんやろなあ」

 -清原選手から見た新庄とは

 清原「最先端のファッションに目がいって、チャラチャラして見えるかも知れんけど人間的にしっかりした男やで。最近の若い選手はロクにあいさつもでけへん子が多いけど、あいつは礼儀正しいからね。オレが今年パ・リーグに来た時は、札幌の日サロ(日焼けサロン)も紹介してくれたしな(笑い)。オレはあいつがめっちゃ好きやねん」

 -新庄の一番の魅力は

 清原「野球に対して、ものすごいまじめなんよ。おろそかにスイングしたり、ふざけてプレーしてるとこなんて1回も見たことない。必死のパッチや。道具も大事にして、グラブも阪神に入団した時のもんを今も大事に使ってるんやろ。そんなとこに泥臭さ、人間くささが出てる。だからあれだけみんなに愛されるんやと思う」

 -その男が辞める

 清原「ホンマに寂しいわ。野球界にとっても痛いで。だってあいつほど、ファンのことを考えてる選手はおらへんやろ。新しく北海道にできた球団に、灯の消えかけてたパ・リーグに、何とかお客さんを呼ぼうと3年間必死に頑張ってきたやん。新庄が辞めた後、誰に代わりが務まるん?」

 -パフォーマンスを楽しみにしてるファンも多い

 清原「それは野球を知らん、興味のないファンにも、少しでも目を向けてもらうためのきっかけやん。でもな、陰で相当つらい思いしてると思うわ。肝心の野球で結果が出えへんかったら、お笑い芸人とこき下ろされるだけやで。重圧は相当なもんや。みんなが思ってるほど面白半分ではでけへん。でもそんな苦労を、みじんも見せんとバットでも結果を出す。だからホンマもんのプロなんや」

shi-060801-2.jpgオールスター第3戦で表彰台に上る巨人清原(左)と阪神新庄=00年7月26日

 -周囲への影響も大きい

 清原「ファンと一緒に盛り上がって、勝とうっていう熱い言葉とやってるスタイルは、日本ハムの選手に浸透してると思うわ。だって新庄が入ってからの日本ハムは一味も二味も違うやん。メジャーから帰って来る時、ロッテを選んでたらどないなってたんよ(※注1)。今年も球団何十年ぶりかの11連勝やろ?(※注2)引退宣言することで、絶対優勝しよってチームがまとまる。これも新庄効果やろ。最初からそこまで計算してたらホンマ、スゴイ男やけどな」

 -球宴も盛り上げた

 清原「オレもシビれた。最高やった。第1戦の神宮なんか、4番のオレの前の3番で電飾ベルトと1本40万円のレインボーバットや。何があっても惑わされんと集中しよと思ってたけど、笑いが止まらんようになったわ。おかげで内野ゴロと三振や(笑い)。でも何とかファンを喜ばしたろうって姿にはホンマにジンと来た」

 -新庄率いる日本ハム勢が大活躍だった

 清原「『後継者』の森本もコスプレで頑張っとったもんな。神宮の第1戦が『ドラゴンボールのピッコロ大魔王』で、宮崎の第2戦が『カッパ』やろ。ホームスチールも決めてホームランも打った。オレも球児との対決で必死こいて頑張ったけど、ホンマに盛り上げたんは新庄と森本ちゃうか。あの心意気こそ今のプロ野球に大事と思うわ」

 -やっぱり辞めるのは惜しい

 清原「でもな、オレはひそかに願ってるんや。『また来年もやります!』って言うことをね。新庄ならそれもありやろ。2月1日の名護のキャンプインで、もう1回『帰って来ましたあ』ってユニホーム着て出て来てみい? 最高やで。オレもアイツが辞めたら寂しいんや。もうすぐ39歳のオレが頑張ってるんやから、体力的にはまだまだやれるはずや。だから突然復帰宣言して、もう1回オレらを驚かして欲しい。これがオレからの贈る言葉や(笑い)」(聞き手 オリックス担当・松井清員)

 ※注1 米メッツから新庄が日本復帰の意思を表明した03年オフ。正式に獲得を表明した日本ハムとロッテの2球団で争奪戦を展開した。同年にロッテ監督復帰が決まっていた01年米メッツ時代の新庄の恩師、バレンタイン監督が新庄に最後まで興味を見せていた。だが球団としてはベニー獲得のメドが立ったことなどを理由に03年11月13日に撤退を表明し、日本ハム入りが決定的になった。

 ※注2 6月20日ヤクルト戦(神宮)から7月7日西武戦(インボイス西武)まで11連勝。前身の東映が61年に記録した45年ぶりの球団タイとなる大型連勝をマークした。

shi-060801-3.jpgオールスター第2戦、一塁ベース上で言葉を交わす西武清原(左)と阪神新庄=94年7月20日

 ◆清原と新庄

 札幌で食事をともにしたこともあるなど、公私ともに親しい間柄。互いにプロ野球選手、人間として一目置いている存在だ。清原が学年では4年上だが、新庄が米ジャイアンツ時代に親しかったバリー・ボンズを、清原が慕うなど共通点も多い。昨年9月の巨人在籍時、清原が去就に揺れていたころに新庄が「一緒にやりたいなあ」と日本ハム入りを勧めるなどメッセージも。また2月のキャンプ時には「(清原と)もちろん勝負します。あと日焼けサロンに行って(肌の)黒さ的にも負けたくない」と同一リーグとなった清原に宣戦布告。だが球宴のファン投票で清原に1万7180票差の2位で、両リーグトップの座を逃し「さすが清原さん。悔しい」と脱帽していた。

2006年08月01日ニッカンスポーツ

|

« アンヌ~~ | トップページ | 新庄を語るシリーズ2 »

コメント

清原が新庄を語るなんて意外な感じ

それにしても新庄の阪神のユニ姿、なつかしいなー
すっごい昔のことのような気がしますね
もうすっかり”日ハムのSINJYO”になってしまって
ちょっと淋しい

阪神ニュースのI君、何度見てもかわいいわぁ
日米野球ではいいピッチングをしてほしいです
そういえばありゃまさんとこの息子さん
I君に似てるって言ってませんでしたっけ


投稿: ヒラーモ | 2006年10月27日 (金) 23時55分

to ヒラーモさん

キヨもね、引退後の人生考えてるからねぇ、新庄のことは尊敬してるんと違いますかね。(笑)

なにゆーてますの、5番の阪神新庄ユニ、今年の交流戦で見たよ(笑)

Iくんですか、行って欲しくないけどね、行くんなら向こうでもタイガースがええけどなぁ。

なんちゅうてもイガーですから。 え?
タ イガー っす・・(笑)

投稿: ありゃま | 2006年10月28日 (土) 00時20分

タ イガー っす・・
     ドテッ
         ガクッ
まるまるオヤジギャグやねー
一応、反応しときます

阪神新庄ユニ?交流戦で?
全然、記憶にないんですけど
    ↑
   オバサンは昨日何食べたのかも
   なかなか思い出せません。。(悲)

投稿: ヒラーモ | 2006年10月28日 (土) 00時39分

to ヒラーモさん

あれぇ?・・・おかしいな。(笑)

ここ見て。
http://aryama.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_73e7.html#more

ヒルマンさん、これにはちょいとオカンムリやったらしいですよ(笑)

投稿: ありゃま | 2006年10月28日 (土) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンヌ~~ | トップページ | 新庄を語るシリーズ2 »