« 神戸オフ会 開催 3 | トップページ | 青春年代測定ブログ »

2006年10月31日 (火)

ハツラツ岡田監督

キャンプ初日、ハツラツ岡田監督

 華やかに、それでいてちょっぴりホロ苦く、阪神の倉敷秋季キャンプはスタートしました。

 それでもなんとなくそこはかとなくウレシイものでございます。来季にむかって希望と夢があるから…。

 「岡田監督の動きはハツラツとしていました。ここと思えばまたあちら…と精力的でした」とキャップ澄田垂穂の報告である。なにしろ澄田は秋季キャンプの倉敷は初めてなので、初日は結構てんやわんやしたらしい。昼食も食べずに走り回ったというぐらいだ。

 岡田監督は朝の散歩のとき第一声が「やっとるなぁ…」とポツリ。で、澄田は一瞬エ? 何のこと…と思ったが、ホラ、例の中日の長嶋コーチ解任のニュース。で微妙な表情しながら岡田監督はタメ息まじりにそうつぶやいたのであります。「優勝をしたチームがゴタゴタして、逃がしたチームがカラッとして練習しているなんて面白いですね…」と澄田。彼はあらためて岡田監督ってのはフシギな魅力を漂わせた指揮官という実感をもったそうである。

2006年10月30日 サンケイスポーツ

そう、確かに岡田監督って、何か不思議な魅力を持っていると思う。 まぁこれはわしが思うんであって、岡田を信用してない方から見れば、何をのんきな、てな事になるんやと思う。

どこに魅力を感じるのかなぁ、自分でもよく判らない。 判らないけど、彼は阪神の事をものすごく愛している・・というのは、よく分かる。 これは反岡田派の方々も、理解されているところだと思う。

けど、それで果たして今後の阪神は強くなっていけるのだろうか? それは分からない。それが例え名将と呼ばれる監督に代わってやったとしても、実のところ分からないのである。 例えて申し訳ないが、あの野村監督には、3年かけてもできなかった。 条件が違うと言う向きもあろうけども、その条件を変えられなかった。

監督の仕事はシーズン中に指揮をとるだけの事ではない。 いろんな場面、いろんな場所、いろんな時にでも、たえず監督でなければならない。 選手から相談されるような人間でもなければならない。 そのためには、目に見えているようなところの行動だけでは済まされない。 想像だにできない重圧もあるだろう、指導力ももちろん必要、説得力もいる。

教え方なんてなことも技術力に入るんじゃなかろうか、下のものばかりでなく上のものをも説き伏せるような力も必要なんだろう。

ほんに難しい仕事である・・・・・・けど・・・充実するんやろなぁ・・・。

伝わりますか

|

« 神戸オフ会 開催 3 | トップページ | 青春年代測定ブログ »

コメント

オカボンが特に優れている点:

人心掌握ですかねw
それと選手のモチベが自然にあがってくるのを
待てる忍耐力かな。

人心掌握と選手を使う忍耐力。この点では
落合監督より数段優れていると思ってます。

戦略や戦術では数段負けているかも?

あとノムさんの頃とは戦力が2段階違うから
比較は出来ないかな?

オカボンはギィギィいわんから
選手はやりやすいのだと広澤さんなどは
よう言っていた。

凡庸として懐深し---という感じで
名将になっていく気がしますけどね。

ブブブちゃん

投稿: しんちゃん | 2006年10月31日 (火) 17時13分

to しんちゃん

岡田監督、優れてるとこあるかな~・・(笑)
どっかが優れてるんやろねぇ~、やっぱり。

人心掌握とか、計算づくではやってないんじゃないかなぁ?
人がいいような、だからバカにされやすいような・・(笑)

戦略も戦術もまだまだこれからでしょうね、けど人間てそういう部分はいくらでも勉強できるし、経験も積んでいけると思うんですよ。

なんていうかなぁ、もっと根本的な部分、人として・・みたいな部分で、他のものから好かれるというか、慕われるというか。

けど年上の人間からはダメなのかな? ていうのがありますね。 佐藤コーチの時とか、今回の福原コーチとか・・。

よく判らんですが、とにかくわしはけっこう好きです。

まぁ、名将になるかどうかも判りませんが、長くプロ野球界に関わっていて欲しい人材やと思います。

うは、めっちゃまじめに答えちゃったヨ(笑)

投稿: ありゃま | 2006年10月31日 (火) 20時09分

あ、そうそう、発想力はけっこうあるなぁと思いますよ。

新しいアイデア、どんなことに対しても。 ただ新し過ぎて返って古く思われたり、ついて来れなかったりすることが、あるかもしれんね。

投稿: ありゃま | 2006年10月31日 (火) 20時13分

岡田さんの人心掌握ってのは
自然流やと思いますね。わざと
出来るほど器用やないし。

寝転がっていたら、勝手に
子犬がいっぱい集まって来たー
そんな感じですね(坂本龍馬の例)。

たぶん持って
生まれたようなもの?

PS:0次会は17:00に同じ場所で
待ち合わせ---ということになってます。

投稿: しんちゃん | 2006年10月31日 (火) 20時42分

ありゃまさん、こんばんは〜^^

オカボン・・・

とにかく、選手を信じて、任せるタイプ

ですよね(合ってます??)

でも、ひとたび 裏切られると

ほんまに、怒りますよね

例えば、今年の 今岡選手(^_^;


ベンチの姿見てると、心底 阪神ファンやな〜

って、思いますね


テレビに向かって

『タダの阪神ファンのおっちゃんになってんでー』

って、ツッこんでるSPでした^^

投稿: サワヤカプリンセス | 2006年11月 1日 (水) 00時02分

たしかに、岡田はんは、「阪神ファン」ですね~

そして、あの点が入るときの喜びようは、「野球小僧」というふうに見えます。

今年は、相手がエラーしたり、ミスして、点が入ったときに、ニコニコしながら手を叩いているのをよく見ました。

来年も、そういうところがたくさん見たいですね~^^

投稿: 新猛虎道 | 2006年11月 1日 (水) 00時17分

to しんちゃん

そうですねぇ、流派をつけるなら自然流ってとこでしょうねぇ、どっかの影から天然やん、って聞こえてきそうやけどね(笑)。

おろ、上手いこと言わはりますな、仔犬がいっぱい集まって来るか、へぇ~、そんな感じしますわぁ。竜馬がそんな事言ったんですか?ああ、竜馬がそういう雰囲気やったて事ですね。

そういや坂本竜馬も若い時というか子供の時は、かなり天然のボケかましてたみたいやね(笑) そうそう、持って生まれたもんなんでしょう。

あとはOKです~。

------------------------------------

to サワヤカさん

そうですね、信じる限界が高いというか、忍耐強いというか。 これは一応指導者としては、必要なことやと思います。
新人はこれが出きるやろうと見込んだら、とにかく任さないとね。
いつまでもあれこれ細かく指示を出しとったんじゃ、なかなか一人前にはならんです。

怒るというか、やはり示しをつけるという事も、多くの部下を預かるなら必要な事でしょう。 フォローもちゃんとしてるみたいですし。
恐怖で縛るなんてな方法はとってないので、怒られても納得するでしょう。

また来年も突っ込んだって下さい。 彼も成長せなね・・(笑)

------------------------------------

to 新猛虎道さん

阪神ファン度で言えば、日本有数とちゃいますかね?(笑)
あれ、もっと安い報酬でもやってると思いますヨ・・(笑)

来年も監督含めて選手もファンもみんなもっと喜べたらいいですね~。
けど、わしめちゃくちゃ期待しすぎるのも、身体に悪いと思うし(笑)
ほどほどに期待しときますわぁ・・。

投稿: ありゃま | 2006年11月 1日 (水) 01時24分

to ありゃま様

お久しぶりです、こんばんは。
オフ会、かなり盛り上がったみたいですね!私も社会人になった暁には、是非お誘いをお願い致します。

私もそう思います^^  ↑の方々も書いてらっしゃいますが、白い歯を見せながら手をたたいて・・・思わず私もそれを見て嬉しくなります。逆に負けているときの顔は曇ってるんですよね~  監督は、阪神の調子のバロメータなのかなあ・・・と思います。
あと、例えば久保田選手のサヨナラ負けのあと初のマウンドに登った時、岡田監督が傍で投球練習を見ていた・・・とか、結構選手やファンの心に響きますよね、きっと。あとは人それぞれでしょうが失敗をしても憎めないキャラなど・・・(笑)     来年も辛いでしょうが頑張って欲しいです^^

ファン歴3年の戯言、失礼致しました(^^;)

投稿: 虎鳥 | 2006年11月 3日 (金) 22時51分

to 虎鳥さん

盛り上がりましたよ、オフ会も参加してみるもんですね。 どんな事でも興味をもつのはいい事だと思いますよ、まぁ、知らない世界の場合はそれなりの注意は当然必要ですけどね。

将来オフ会参加ですか?社会人になるまで、待ちきれないかも知れません・・(笑) でも東京からはしんど過ぎると思いますよ。

岡田監督、来年また頑張りますからね、応援してあげて下さい。ファン歴なんて関係ないですわぁ。

投稿: ありゃま | 2006年11月 4日 (土) 04時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神戸オフ会 開催 3 | トップページ | 青春年代測定ブログ »