« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

ハツラツ岡田監督

キャンプ初日、ハツラツ岡田監督

 華やかに、それでいてちょっぴりホロ苦く、阪神の倉敷秋季キャンプはスタートしました。

 それでもなんとなくそこはかとなくウレシイものでございます。来季にむかって希望と夢があるから…。

 「岡田監督の動きはハツラツとしていました。ここと思えばまたあちら…と精力的でした」とキャップ澄田垂穂の報告である。なにしろ澄田は秋季キャンプの倉敷は初めてなので、初日は結構てんやわんやしたらしい。昼食も食べずに走り回ったというぐらいだ。

 岡田監督は朝の散歩のとき第一声が「やっとるなぁ…」とポツリ。で、澄田は一瞬エ? 何のこと…と思ったが、ホラ、例の中日の長嶋コーチ解任のニュース。で微妙な表情しながら岡田監督はタメ息まじりにそうつぶやいたのであります。「優勝をしたチームがゴタゴタして、逃がしたチームがカラッとして練習しているなんて面白いですね…」と澄田。彼はあらためて岡田監督ってのはフシギな魅力を漂わせた指揮官という実感をもったそうである。

2006年10月30日 サンケイスポーツ

続きを読む "ハツラツ岡田監督"

| | コメント (9)

2006年10月30日 (月)

神戸オフ会 開催 3

11月2日、PM7:00、阪急三宮駅 西口

いよいよ神戸オフ会、近づいてきました

引き続き、参加者募集中!

では、10/30現在の、参加予定者、中間発表します。

続きを読む "神戸オフ会 開催 3"

| | コメント (28)

2006年10月29日 (日)

懐メロカラオケ大会・・(笑)

いや~~、ははは、やっぱりおっさん多いから、古いヒーローものは盛り上がるな~~ 完全に年寄りのパターンやね・・(笑)

ということで、ちょいと YOUTUBE でカラオケできそうなの集めてきましたヨ。

若くて知らない人も、大昔いこんなのがあった、ていうことで勉強して下さい。

まぁ、勉強とは言わんな(笑)。

1.怪傑ハリマオ ・・・・ わし好きなんよね~、この歌。 三橋美智也さん。

 真っ赤な太陽 燃えている
 果てないなぎの 大空に
 轟きわたる 雄たけびは
 正しいものに 味方する
 ハリマオ ハリマオ
 僕らの ハリマオ

続きを読む "懐メロカラオケ大会・・(笑)"

| | コメント (51)

2006年10月27日 (金)

新庄を語るシリーズ5

ジャイアンツ・ボンズ「去りゆく親友へ」

shi-060829-1.jpgメジャーの大砲、サンフランシスコ・ジャイアンツのバリー・ボンズ外野手

 新庄へ、この思いを伝えたい。米メジャーを代表する世界的アーチスト、サンフランシスコ・ジャイアンツのバリー・ボンズ外野手(42)が、去りゆく「親友」へ熱いメッセージを寄せた。届けた先は、同球団で1年間ともにプレーした新庄剛志外野手(34=SHINJO)。ともに戦った日々を懐かしみ、日本球界復帰後の成功を自分のことのように喜び、今オフの日本での再会を誓った。気むずかしいことで知られる孤高の大打者が、新庄に対しては胸に秘めた思いをストレートな言葉にしてくれた。

 シンジョーは My boyなんだ。

続きを読む "新庄を語るシリーズ5"

| | コメント (23)

新庄を語るシリーズ4

ロッテ・バレンタイン監督「球界の救世主に」

shi-060822-1.jpg試合前に新庄(右)はバレンタイン監督と談笑し、なぜかガッツポーズ=05年4月8日

 新庄よ、第2の人生を野球界へささげなさい-。日本ハム新庄剛志外野手(34=SHINJO)が、強烈な「進路指導」を受けた。引退後の身の振り方についてアドバイスをしたのが、ロッテのボビー・バレンタイン監督(56)。01年メッツ時代の恩師で、新庄を熟知している人物の1人だ。当時の思い出を語り、引退を惜しむとともに、今後は日本球界をけん引していく立場を、セカンドキャリアとして選ぶことを熱望した。

 -今季限りで引退する新庄について

 バレンタイン監督「引退自体に驚いたことはない。ただ発表するタイミングについては、やや驚きはありました。彼は本当に素晴らしい野球人であり、野球選手であり、野球界にとっても非常に大事な存在。できるだけ長くやってもらいたいと思っていたので残念な気持ちがあります」

続きを読む "新庄を語るシリーズ4"

| | コメント (0)

新庄を語るシリーズ3

楽天野村監督「恩師ノムさんからのボヤキ」

shi-060815-1.jpg師弟関係だった阪神時代から、現在は敵側として新庄を見る野村監督

 投手との「二刀流」に、伝説の「敬遠ボール打ち」。日本ハム新庄剛志外野手(34=SHINJO)の野球人生を語る上で欠かせないのが阪神時代の恩師でもある楽天野村克也監督(71)だ。対極にあるプレースタイル、おなじみの辛口評価で一時は不仲説も流れたこともあった2人だが、そのたぐいまれな才能を一番認めていたのは同監督だった。ノムさんは、近い将来の新庄との「監督対決」も熱望した。

 -新庄選手についてお話を聞かせてください

 野村監督「いい選手だよ。それで終わり」

 -野村監督は45歳まで現役をやりました。34歳での引退決断は

 野村監督「早い、早い、早すぎる。性格的に飽きっぽい。すぐ飽きちゃうんだよ。奥さんは飽きないのか、大丈夫か(笑い)」

続きを読む "新庄を語るシリーズ3"

| | コメント (2)

新庄を語るシリーズ2

日本ハム・ヒルマン監督「2人だけの誓い」

shi-060808-1.jpg新庄について語るヒルマン監督

 優勝して送り出したい。日本ハムのトレイ・ヒルマン監督(43)が、一緒に戦う「ラストシーズン」への思いを打ち明けた。04年にメジャーから日本球界へ復帰した新庄剛志外野手(34=SHINJO)。同監督は移籍交渉に直接出馬して獲得に尽力し、数々のパフォーマンスを容認してきた。電撃的な引退表明も受け入れてシーズンが佳境に入った今、何を思うのか。入団時に交わした「チャンピオンになろう」という2人だけの誓いも今季がラストチャンスになる。

 -4月に突然、引退表明をしました

 ヒルマン監督「驚きはあったけれどショッキングではなかった。3年間、新庄と一緒にやってきて免疫はできていたので(笑い)。1本目のホームランを打った時にリアクションが違うな、と感じたので何かあるんだろうとは思いました」(※注1)

続きを読む "新庄を語るシリーズ2"

| | コメント (2)

新庄を語るシリーズ

オリックス清原「めっちゃ好きやねん」

shi-060801-1.jpg今年のオープン戦で、試合前に談笑する清原と新庄=06年3月12日

 日本ハム新庄剛志外野手(34=SHINJO)。今年4月に今季限りでの現役引退を電撃表明した。阪神で一気にスター選手へ上り詰め、メジャーリーガーになり03年オフに日本ハム入り。本拠地移転元年から球団を盛り上げて3年目の今季、日米プロ17年目でユニホームを脱ぐ決断をした。プレーだけでなく、破天荒なパフォーマンスでも日本球界の台風の目になったトッププレーヤー。素顔を知る人たちから去りゆく新庄へ「新庄を語る」で毎週、思い思いにメッセージを寄せてもらう。第1回はオリックス清原和博内野手(38)。

 -新庄が今季限りで現役引退を宣言した

 清原「何も聞いてへんかったし、ホンマにびっくりしたわ。それも東京ドームのオリックス戦でやで。4月のそんな時期に辞める言うても誰が信じれるかいな。でもこの時期になっても撤回せえへんし、ホンマに辞める覚悟なんやろなあ」

続きを読む "新庄を語るシリーズ"

| | コメント (4)

2006年10月26日 (木)

アンヌ~~

Tdflogo_1

今回はちょっと、ウルトラセブン の記事をば・・・(笑)

06 というか、アンヌ隊員の記事ね、あ、記事ちゅうか・・画像ね。

なんかカワイかったよね~~、アンヌ隊員。
菱見百合子さんっていう女性だったんですが・・・・・。

←イラスト ULTRA SEVEN!
http://www.finito-web.com/annu/

Hishimi_yuriko ← ゼットンさんの記事は、こちら

少年の夢を壊すもの

http://gerberatetra04.blog50.fc2.com/blog-entry-369.html

高いゼットンクオリティーが見れますよ(笑)

昭和42年夏、制作発表を翌日に控えた新番組「ウルトラセブン」の撮影の為に出演者・スタッフが円谷プロへ集まってくる。 しかし、脚本家の赤井とアンヌ役の内藤弘子が温泉にシケこんでの帰りに交通事故に遭い赤井は死亡、内藤も怪我で撮影が出来なくなってしまう。

 TBS三国プロデューサーは新人の脚本家石川新一を連れ円谷プロ企画室長金城哲夫の所へやってくる。そして次回作を上原正三と脚本を競作させる。

  しかしアンヌの代役が決まらず、おかげで撮影が遅れに遅れていた。ダンはシャンソンバーの歌手冬木直子と入籍するため世田谷区役所で待ち合わせをしていた。撮影の合間にソガの勧めでダンはポインターを使って区役所に向かうが途中、スピード違反で捕まり遅刻、区役所に着いた時には直子の姿はなかった。

 アンヌ代役に頭を悩ます満田監督は着ぐるみに入っていたアルバイトの女子大生 (菱見百合子)に一目惚れ、アンヌ役に抜擢する。

続きを読む "アンヌ~~"

| | コメント (31)

2006年10月23日 (月)

阪神ニュース

岡田語録

06101901_1  (赤星)

「コンバートは考えていない。でも外野は変わる可能性がある。赤星が今年のようにケガをすることもある。誰かが代わりに守れるように準備しとかんとあかん」

06101804_1(林)

「林にしても外野で2つのポジションを守れるようにしないと。打球の質が(右翼と)違うし、慣れんとあかん。今季は一塁も守って、最初の頃に比べるとだいぶ代わった。とにかく若いヤツが代打だけというのはあかん」

阪神林センター参戦!赤星に挑戦

続きを読む "阪神ニュース"

| | コメント (11)

2006年10月22日 (日)

神戸オフ会 開催 2

11月2日、PM7:00、阪急三宮駅 西口

神 戸 オ フ 会 の 続 報 で す

引き続き、参加者募集中!

では、10/22現在の、参加予定者、中間発表します。

続きを読む "神戸オフ会 開催 2"

| | コメント (19)

言葉にできない

「言葉にできない」は、もちろん小田 和正・オフコースの曲ですね。

で、最近ゼットンさんはこういうのを作ってるらしい・・

言葉にできない  (ゼットンさん、すまそ)

へぇ~、面白いね~。 ちょっと探してみた。  いっぱいあった・・・・(笑)

続きを読む "言葉にできない"

| | コメント (17)

2006年10月21日 (土)

ヒマですね

野球でも見るかぁ・・・

続きを読む "ヒマですね"

| | コメント (14)

2006年10月20日 (金)

神戸オフ会 開催

このたび、阪神公式 神戸オフ会 が、キリヤマ隊長さんのお世話により、開催される運びとなりました。

わしも出ますので、ブログ仲間の方々で 公式に参加されてない方でも、 参加OK合同オフ会と、勝手に(笑)させていただきたいと思います。

都合の付く方、付かない方もムリヤリにでも都合つけて(笑)一度会ってみましょう。 ぜひご参加下さいませ。

日にち  11月2日(木)文化の日の前日(別名非文化の日)

場所   阪急三宮駅西口(元町側)

時間   PM 7:00 時間厳守(15分前くらいがGOO)

つづき、読んでね・・・↓

続きを読む "神戸オフ会 開催"

| | コメント (25)

2006年10月14日 (土)

片岡 バイバイ・マイ・ラブ

片岡の引退セレモニ、良かったねぇぇ。 泣けた、ほんまに泣けた。

もっかい見たい? じゃぁ見てみましょう。

BGM  Bye Bye My Love

Img_0794c_1 

続きを読む "片岡 バイバイ・マイ・ラブ"

| | コメント (33)

2006年10月11日 (水)

完敗

中日が2年ぶり7度目優勝 プロ野球、阪神の連覇阻む

 プロ野球セ・リーグは10日、東京ドームで巨人-中日最終戦を行い、中日が延長12回、9-3で勝ち、2年ぶり7度目の優勝を決めた。球団創設70周年の節目を迎えていた中日は、142試合目でリーグの頂点に立った。チームを率いた落合博満監督(52)は就任1年目の2004年以来の栄冠を手にした。
 中日は1954年以来52年ぶり2度目の日本一を目指し、21日からナゴヤドームで開幕する日本シリーズ(7試合制)で、パ・リーグのプレーオフ第2ステージを戦う日本ハムとソフトバンクの勝者と対戦する。
 今季の中日は、昨年苦戦した交流戦で勝ち星を伸ばし、6月13日に首位に浮上して以後は一度もその座を譲らなかった。8月12日に優勝へのマジックナンバー「40」が初点灯。シーズン終盤には阪神の驚異的な追い上げに遭ったが、投手陣を軸にしたリーグ屈指の守備力で逃げ切った。
[ 共同通信社 2006年10月10日 22:44 ]

F0105741_23121816

カンパイ・・・・・・・・・・・・・・・完敗・・・・・

Otiko

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

( 画像:阪神守護天使・今日のおちちゃん

続きを読む "完敗"

| | コメント (15)

2006年10月 9日 (月)

小さな恋のメロディ

Index_topimage_1

笑わないで下さいよ(笑)、むか~し昔、まだわしが中学生の頃、好きな女の子がいてね、友人にその事を言ったりしてたんですが、いつの間にかそれがその女の子に伝わっちゃってた・・・。

くそ~、勝手にしゃべってまいよってぇ。。。とか色々あったんですが、ある日その女の子が映画見に行こうと誘ってきたんですよね・・・(うわ~~~!)

もう、なんと~申しましょうか~(笑)天にも昇る気持ちで・・。当然即OKサイン。

Tracy2_25

ところがわしって、それまで一人で映画館なんて行ったことないし、ましてや洋画なんて映画館で見たことなかったし、それからそれから田舎もんでこんなロードショーやるような有名な大都会になんか、電車乗って行ったことない~~~。

堺東の映画館なら、ゴジラやガメラ見に行ったような気がするんやけどなぁ・・。

めちゃくちゃ焦るわし・・・・。どうしよ~~~。だいたい上映映画館の場所も知らんし~~。

わしってば、小学校上がって、中学校に入ってからクラブばっかり毎日やってたからなぁ、めちゃくちゃウブなんよねぇ、世間を知らんのよねぇ・・・とか言い訳をいっぱい考える・・。

しかし、その都会から転校してきた、すんごくカワイイ子は、もちろん都会のこと(梅田なんやけどね)よく知ってて・・。 ぜ~んぶリードしてもらいました・・道順も。

ああ、恥ずかし、とか思う間もなく、目的の映画館に到着。

そしてその初めて女の子とデートして、初めてみたロードショー洋画。

それがこの「小さな恋のメロディ」でした。 まるっきりリードされっぱなし(笑)

続きを読む "小さな恋のメロディ"

| | コメント (18)

2006年10月 7日 (土)

ゲーム差 2 !!!

今日の試合、すごかった~~、もうなんべんも負けるかも~

っていう試合やったぁ~、よう勝ったなぁ~。

セ・リーグ勝敗表
勝率打率
1 中日 139 82 52 5 0.612 M4 0.269 133 630 475 3.11 7
2 阪神 142 82 56 4 0.594 2 0.266 130 586 496 3.16 4
3 ヤク 138 68 68 2 0.500 13.0 0.270 155 643 594 3.83 8
4 巨人 143 64 77 2 0.454 6.5 0.252 131 544 580 3.66 3
5 広島 141 59 77 5 0.434 2.5 0.264 120 518 620 3.91 5
6 横浜 141 56 82 3 0.406 4.0 0.260 125 554 647 4.33 5

続きを読む "ゲーム差 2 !!!"

| | コメント (31)

2006年10月 5日 (木)

果報は寝て待て

雨中もええもんやねぇ~、温泉でゴロっと横になってたら、

あらぁ~・・・・うふふ~♪ 中日負けちゃったよう。(笑)

えっと、ゲーム差、2.5ですよね、・・ね、・・ね。

く~~~、寝てる方が縮まるんやぁ~~~~、

昔の人はよう知ってはる。

セ・リーグ勝敗表
勝率打率
1 中日 137 81 51 5 0.614 M5 0.269 130 623 470 3.12 9
2 阪神 141 81 56 4 0.591 2.5 0.266 127 581 493 3.16 5
3 ヤク 137 67 68 2 0.496 13.0 0.271 153 639 591 3.84 9
4 巨人 142 64 76 2 0.457 5.5 0.252 129 541 575 3.65 4
5 広島 139 59 75 5 0.440 2.0 0.264 120 513 611 3.92 7
6 横浜 140 55 82 3 0.401 5.5 0.260 124 551 645 4.34 6

続きを読む "果報は寝て待て"

| | コメント (15)

強い強いタイガース

とうとう81勝まで来てしまいました。

貯金も25です。

ああ、それでも・・・・・2位。

セ・リーグ勝敗表
勝率打率防御率
1 中日 136 81 50 5 0.618 M5 0.269 130 622 466 3.11 10
2 阪神 141 81 56 4 0.591 3 0.266 127 581 493 3.16 5
3 ヤク 137 67 68 2 0.496 13.0 0.271 153 639 591 3.84 9
4 巨人 141 63 76 2 0.453 6.0 0.251 127 532 574 3.67 5
5 広島 138 58 75 5 0.436 2.0 0.264 119 509 610 3.94 8
6 横浜 139 55 81 3 0.404 4.5 0.260 124 550 636 4.31 7

続きを読む "強い強いタイガース"

| | コメント (8)

2006年10月 1日 (日)

らくがき

SPさんがなんか描いてみて、って言うから・・・

描いてみた・・・はは。

http://09system-rhythm.at.webry.info/200603/article_7.html

ふ~ん、こんなのあるんやねぇ・・・

続きを読む "らくがき"

| | コメント (11)

スカイラインとわし

スカイラインズ・ヒストリー

わしのスカイラインとの出会いは古い。 オヤジがスカイライン愛好者だったからだ。 物心ついたときには、すでにスカイラインに乗っていた。  こんなやつだ、いまでは博物館にでも行かない限りお目にかかれない代物。

01stプリンス 初代スカイライン デラックス (1957年モデル)
車両形式(ALSID-1) ビュイック、オールズモビルさながらの張り出したアメリカンデザインがカッコイイ初代スカイライン。スタンダード(ALSIS)とデラックス(ALSID)の2グレードがあり、ともに排気量は1500cc。 当時のクラス最高出力60馬力の直列4気筒エンジンを搭載、最高速度は125km/h、足回りはスポーツカーなどに採用されていた「ド・ディオン・アクスル」を標準装備する最先端のクルマ。昭和35年のマイナーチェンジで国産車初の4灯式ヘッドランプを採用。1957年(昭和32年4月にデビュー当時東京店頭価格120万円は破格の高値。

続きを読む "スカイラインとわし"

| | コメント (12)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »