« くるま遍歴 その3 | トップページ | くるま遍歴 その5 »

2006年4月20日 (木)

くるま遍歴 その4

前のがつぶれたんで、しゃあなしに次に乗り換える。 まだ大学生。 次のはコレだった。

ダイハツ コンソルテ クーペ 1000 TL

Concu1  SOHC直列4気筒 1000cc。 当初のセダン型はコンソルテベルリーナといった。
 前車コンパーノとの最大の違いは業務提携先のトヨタパブリカの姉妹車となった点である。同時に、コンパーノに設定されていた4ドアやスパイダー、ワゴンは消滅し、2ドアセダンのベルリーナだけとなった。

Consorte14ただし、エンジンはダイハツ内製のFE型を搭載し、パブリカと性格を分けた。1971年にはトヨタ製3Kエンジンを搭載した1200Sが発売され、パブリカとの血縁を濃くしている。
 1972年にビッグマイナーチェンジを行い、1973年にはパブリカスターレットをベースにしたクーペ、さらに4ドアセダンを追加し、バリエーションを広げるものの、4ドアセダンはシャルマンの登場によって消滅、約1年という短い期間の存在だった。

Consorte151975年に50年排出ガス規制をクリア、1000cc車の排出ガス規制対策車はコンソルテのみとなり、ダイハツの小型車に賭ける意気込みを示した。1976年には1000がカタログから落とされたため、この時点でパブリカ/スター レットと完全な双子車となる。翌1977年にはシャレードにその後を譲り、消滅した。ちなみに、車名はイタリア語の「伴侶・提携」から採っている。

------------------------------------------------

やっぱりあんなすぐ潰れる中古はあかん、今度は新車にしとけと言う親のアドバイスを逆手に取り、援助費を出させる事に成功♪。

しかし、いかんせん庶民なので新車の中で一番安いやつ、それも親戚の勤めるダイハツから、という厳しい条件が出された。

ま、なんにせよ上手い事いった(笑) ワクワクして新車の納車を待った覚えがある。 しかしこのクルマ、ずっと乗ってると不満だらけのクルマやったなぁ。 なんせ遅い。 走らん。 それでも中央環状のゴキブリと呼ばれ、車線変更の鬼となってた・・(笑)

ただ、エアコンやらクーラーなどというナンパな者は、都合により付いてないので、それこそナンパには向いていないクルマだった。 車種を知ってる人も皆無(笑) ダイハツと聞いて後ずさる者もいたという・・・。 前のサニーよりずっとましやん。

チューンは、175-70 のラジアルタイヤ(その頃はバイアスタイヤが主流)に履き替えくらいで、スチールホイルを黒く塗ってた。 くるまの色は、ガンメタ。

|

« くるま遍歴 その3 | トップページ | くるま遍歴 その5 »

コメント

ダイハツで後ずさり

なんか

笑いました^^;

ところがダイハツ、今や株価も1200円台

いつのまにか日産を抜いてます^^;

そして哀しいかな

売れる車もベンツか軽かという

わかりやすーい二極化の時代で

ダイハツ絶好調らしいですよ

投稿: バース党万歳 | 2006年4月20日 (木) 15時27分


次は、ありゃまさんの

彼女遍歴

おねがいしま〜す^^

無理なら、

アイドル遍歴で、

いかがでしょうか??^^


投稿: SP | 2006年4月20日 (木) 20時30分

toバース党万歳さん
そうだよね、軽自動車って意外と売れるんですよ。

都会暮らしだとわかりにくいけど、田舎の人って自動車は必需品で、一家に4台くらいクルマのある家がザラですよ。

クラウンとかがあって、奥さん用に軽自動車がある。 で、お爺さんかお婆さん用にも軽自動車があって、作業用に軽トラがあるってな感じ・・(笑)

中古車市場でも軽四は飛ぶように流通してます。

投稿: ありゃま | 2006年4月20日 (木) 20時33分

toSPさん
まぁまぁ、そんな慌てない慌てない。

って、彼女遍歴なんかあ~りません(笑)。

投稿: ありゃま | 2006年4月20日 (木) 20時35分

ありゃまさん

次の車

早く更新してくださいー

楽しみにまってます^^

投稿: バース党万歳 | 2006年4月22日 (土) 00時35分


toバース党万歳さん

ははは、待ってはったんですかぁ、ちょっと毛色の違う話題にしようかと迷ってました。

じゃ、ご要望にお応えしようっと。

次はねぇ、彼女の写真付にしようかな・・(笑)

投稿: ありゃま | 2006年4月22日 (土) 02時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« くるま遍歴 その3 | トップページ | くるま遍歴 その5 »